MENU

チャーチル会とは

1949年の戦後復興中、『絵でもはじめよう』と東京銀座で何人かの文化人が当時 英国の首相であったチャーチル卿の 「絵を描くことは他人に迷惑をかけず、全てを 忘れることが出来る、もっとも良いホビーだ」の言葉に感銘を受け「チャーチル会」と いう 会が発足されました。
創立時の会員8名は、藤浦洸、石川滋彦、森雅之、長門美保、杉浦幸雄、 高峰秀子、宇野重吉、横山隆一(敬称略)であった。この8名が中心となり、知人などを勧誘し、その輪を広げ、1950年に三越本店で展覧会を開催した。その後、京都、名古屋、とCC活動が全国的になり、同格の姉妹会として互いに交流を深めています。
チャーチル会・津は、昭和1955年に誕生し、和気あいあいとした雰囲気の中、会員同士 の交流を図りつつ思い思いの絵を書いて楽しんでいます。

会員作品ギャラリー

「はる」

梅本 真澄

「ランプ」

飯田照美

「憩い」

澤田 啓司

「向日葵」

鈴木 ちよ

「ばら」

西村 美年子

新規会員募集

チャーチル会・津では一緒に絵を描くことを楽しめる仲間を募集しております。
募集要項および連絡先については下記のリンクをご確認ください。